書きたいときしか書かない

文字に触れて落ち着きたくって始めました。2014.04.23

射撃をやめること

 

一緒に頑張ってくれた銃との別れ。

私は自分の銃を

「今日この子いい感じだな」とか「この人キゲン悪いな」とかって

人みたいに呼んでいたので、とても切ないです。

だってほぼ二度と会えないんだもん笑!

「なんで別れようって言っちゃったんだっけ!?」

と、彼氏に問いただすような気持ちです。

 

 

私は、仕事と射撃の両立が出来なかったわけですが、

海外の試合に出ると、第一線で活躍してる選手にそんな人はいません。

もとより無謀な挑戦だったのです。

でも、警察官の仕事をしつつ、

ピストル射手として活躍してる、ある方を見て、

無性に憧れてしまったんです。

 

私は彼に「私、仕事と両立できるかなぁ?」と相談したことがありました。

 

警察なんだから練習=仕事でしょ。出来るに決まってるじゃん。

そう思われるかもしれません。

確かに練習場所などの環境は一般選手より整ってます。

でも、彼の場合、

仕事の都合でどうしても1−2か月射撃が出来ない期間があるそうです。

 

「そんなブランクがあるのに、活躍しててかっこいいっすね。」

 

「なんで、それができるかわかる?」

 

「うーん、時間を無駄にしないとか、イメトレとか」

 

とか、とか・・・?

 

私の答えは全部正解です。

でも彼から帰ってきた答えはこう。

 

 

 

「血だよ。」

 

 

 

日本人は、真面目で勤勉で時間を無駄にしない美学がある。もともと手先が器用で繊細な日本人の性格が競技にあっているということもあるかも。海外の選手にそんな奴は一人もいない。見習うところはあるけど、日本人として、これはすごく誇り。お前にだって流れてるよ。学校で勉強しながら競技もバイトもやってたでしょ?本当だって。

 

と。

 

世界を知ってる人の言葉だなと、

分厚くてあったかい壁を見せられたような気がしました。

この言葉に私は背中を押され、

試行錯誤しながら走り、

そして前のめりに転ぶことができました笑

 

果たしたかったことは果たせなかったけど、

どっちも両立できるような中途半端な位置にいなかったこと。

趣味でやるつもりはないと、初志貫徹できたこと。

それだけは、そこだけは良かったと思います。

 

ちょっと話変わるけど、

 

私は2時間練習すると2時間練習ノートをつけます。

それくらい考えながら練習をします。

 

説明できないのはわかってないのと一緒だと思ってるので、

言葉で練習したことを表せるように何回も考えて書きます。

 

横に銃を置いて、何度か握って、

思い出しながらノートをつける。

この作業がなくなったのがとても寂しい。

いい時間を過ごさせてもらってたのね、私。

 

だから今後はブログをもっと書こうと思います。

本当は手書きでペンとか使ってノート作りたいんだけどね。

 

書くの疲れた。終わり。

読んでくれてありがとう。